ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
ボタン
城崎温泉 山よし

ボタン
ボタン
ボタン



選別日本一!品質管理が質を向上させます。


一年を通じて、様々な日本海の魚介類が揚がります。しかしなんといっても冬の「松葉かに」。
2003年11月から『柴山かに』と呼ばれているものはまた絶品です。
活気で賑わっている柴山港は屈曲に乏しい日本海岸にあっては珍しい天然の湾そのものです。
東の舞鶴港や西の境港に比べれば規模は小さいですが、波の荒い日本海で育ったカニや魚介類などが豊富に水揚げされています。市場の近くには、お土産屋さんもあり連日柴山漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をもとめて多くの人たちが訪れています。
柴山漁港からは柴山地区が一望でき、市場の堤防には日曜日になると多くの釣り客で賑わったりもします。


年々知名度が上がるブランド蟹 「柴山蟹」

柴山蟹(しばやまがに)

これまで柴山漁港では山陰の有名高級松葉かにに負けないおいしさ・品質の松葉かにが水揚げされていました。それでは 「柴山かに」 をご存知でしょうか?

「柴山かに」という名前は2003年の11月に名々されたばかりです。
どの漁港でとれるかににひけをとらない松葉に何故名前がつけられていなかったのか?
それは柴山漁港の繊細で厳密な品質管理が逆に大きな壁となっていました。


従来、水揚げされたかにの区別は、その漁港独自のタグにあります。
「間人かに」は『緑色』 、 「津居山かに」は『青色』 、といった感じです。
しかし、これまで柴山漁港でのタグは存在しませんでした。
その理由は、柴山では厳密な審査のもと活ガニを、他地域に類を見ない細分化したランク分けを行なっています。その数60ランク〜100ランクとも言われています。
そのため、どこからどこまでを「柴山かに」と定義づけるかが難しかったのです。
厳密で繊細な品質管理がかえってタグづけの壁になっていたのです。
ところが2003年11月より柴山港でもタグをつけることとなりました。
品質管理の厳しい柴山漁港では細かくランクづけされた松葉かにの中でも上位ランクにのみ
「柴山かに」のタグ、『ピンク色』 をつけるように定義づけられました。


山陰地方で、もうひとつの味覚の王様 「香住蟹」

香住蟹(かすみがに)

香住で水揚げされる紅ズワイガニは質が良く、それを目当てにこの地方を訪れるお客様も多くおられます。そのような経緯から香住漁港で水揚げされる紅ズワイガニを「香住がに」と名づけました。

今では全国的にも知名度があがり、紅ズワイガニのブランドがにとも言われるようになりつつあります。 このかには、夏以外なら年中食せるので山陰地方でも人気があります。

※漁期は9月〜6月


香住漁港も柴山漁港と同様に、一年を通じて、様々な日本海の魚介類が揚がります。
当然、山陰の味覚「松葉がに」も水揚げされます。ただこの漁港で有名なのはなんといっても「香住がに(紅ズワイがに)」!!「香住がに」は「松葉がに」と漁期が違い、春・秋が漁期となります。香住では「松葉がに」と同様に人気のあるかにです。
活気で賑わっている香住漁港は、波の荒い日本海で育ったカニや魚介類などが豊富に水揚げされています。市場の近くには、お土産屋さんもあり連日、漁港で水揚げされた新鮮な魚介類をもとめて多くの人たちが訪れています。



城崎温泉,但馬,山陰,お土産処,お食事処,山よし,旬鮮市場,柴山蟹,津居山蟹,香住蟹,かに,がに,漁港
城崎温泉,但馬,山陰,お土産処,お食事処,山よし,旬鮮市場,柴山蟹,津居山蟹,香住蟹,かに,がに,漁港